パソコンと悪戦苦闘しながら毎日のあれこれ綴ります。

パソコン音痴主婦がブログ始めました。

日大アメフト加害選手の会見を聞いて

こんばんは、くにっぽです。

 

f:id:kumato117:20180522235054j:plain

 

今日、日大アメフト加害選手が記者クラブにて会見を行いました。
カメラがずらりと並び、沢山の報道陣の方たちの前で何度もフラッシュの光がたかれる中での会見。20歳になったばかりの青年にとっては勇気のいる会見だったと想像できます。

 

反則行為を行ったことによる記者会見であるがゆえに、気になりながら会見を傍聴しました。

 

 

内田監督と井上コーチ、指導者であるべき者が、反抗できない立場の選手に向かって反則行為をするよう仕向けるとは、日大の闇は深いと思いました。

 

 

本来、大学のスポーツとは、スポーツを通じて健全な精神と肉体を育て、スポーツマンシップに乗っ取って豊かな心と強い忍耐力、チームで戦う団結力などを養い勝利を目指すことを目的としていると理解していました。

 

 

であるはずの大学の監督・コーチが自分たちの立場をいいことに、育てていくべき選手を潰しにかかっている。

 

 

最初にこの試合の報道を見たときに、選手が独断でこの行為を行うには無理があると思っていたんです。上の指示なしにそんな行動が起こせる訳がないと。

 

 

一番最悪なのは、日大の監督もコーチもいつの間にか、勝つことだけが目的になってしまって、健全な選手を育てることを怠っています。そして、そんな監督・コーチのせいで若い選手達に取り返しのきかない身体的・精神的苦痛を与えているのです。

 

 

勝利を目指すのは大切なことかもしれないが、どんなことをしても勝てばいいと、そういうように選手を追い込み、最後まで、選手を守ろうとしなかったそんな人が指導者として居座るべきではない。大学から手を引くべきです。

 

 

彼らは、被害選手、加害選手は勿論、今まで頑張ってきた日大のアメフト選手たちの将来も潰したことになるんです。このままでは日大でアメフトをするために入ってきた選手たちの進路をも左右することになります。

 

 

日大は若い加害選手が真摯に現実に向き合い、謝罪した姿に見習うべきです。
権力だけを振りかざし、肝心なことには、逃げの姿勢を続ける監督は日大の中でも要職、地位のある理事をしています。

 

 

そんな指導者、理事の学校へ今後、行きたいと希望する選手、行かせたいと思う親はいるだろうか?

 

一日も早くこの問題の解決策を考えて、この先少しでもスポーツを愛する選手たちが元気に練習・試合ができるよう、まずは一番に公の場で本当のことを言うべきだと思います。

 

 

今回の謝罪の記者会見は本人、両親ともに、事実についてつまびらかにするだけじゃなくて被害者選手とそのご家族、関西学院大学アメリカンフットボールチームへの謝罪の意味が強いというとらえ方をしています。顔を出さない謝罪はないだろうと、あえて撮影を受けることにしたようです。

 

 

行なった行為は確かに悪い。ただ、その行為を明らかにし誠実に応えていく姿勢に、こんな好青年を育てず潰そうとしたのかと、残念な思いでした。
指示さえなければ勝とうが、負けようが選手たちは全力を尽くしていたのではないか、監督とコーチは、その反則行為のために、彼を利用したとしか思えない。

 

 

謝罪は早ければ早い方がいい。いろんな画策をしないで監督、コーチは真摯に謝罪してほしいものです。

 

 

今日は、日大アメフト加害選手の会見の感想を書きました。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。